ニュース柔道

オリンピック 柔道男子100キロ級 ウルフ アロンが準決勝進出

2021-07-29 午後 02:07

  

東京オリンピック柔道男子100キロ級、初出場のウルフ アロン選手が準決勝に進みました。


オリンピック初出場のウルフ選手は、初戦の2回戦でウズベキスタンの選手と対戦し、試合開始早々から積極的に攻めてペースをつかみ、1分半ごろ、浮き技で1本勝ちしました。

続く準々決勝では、イスラエルのペテル・パルチク選手と対戦しました。

ウルフ選手は、得意の内股や大内刈りを積極的に仕掛け、開始3分半ごろ、大内刈りで技ありを奪って、優勢勝ちしました。

準決勝では、ジョージアのバーラム・リパルテリアニ選手と対戦します。

日本の男子は、今大会これまでに4階級で金メダルを獲得していて、ウルフ選手に期待がかかります。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス