ニュースバスケットボール

オリンピック バスケ3x3 日本女子が強豪アメリカに勝利

2021-07-27 午後 03:55

  

東京オリンピックバスケットボールの新種目、3人制の3×3で、すでに決勝トーナメント進出を決めている日本の女子は予選リーグ最終戦でアメリカに20対18で勝ち、通算成績を5勝2敗としました。


27日、東京 江東区の青海アーバンスポーツパークで行われた予選リーグ最終戦で、日本はここまで全勝の強豪・アメリカと対戦しました。

序盤はリードされる展開でしたが、日本はスピードある攻撃で得点を重ねて接戦に持ち込み、残り1分、同点の場面で篠崎澪選手が距離のある2点のシュートを決め、その後もリードを守って20対18で勝ちました。

日本は予選リーグの通算成績を5勝2敗とし、27日夜から始まる決勝トーナメントに進みました。


山本麻衣「もう1回気を引き締め思い切ったプレーを」


チーム最多の8得点をあげた山本麻衣選手は「フィジカルの差で点を取られるシーンはあったがスピードを生かした日本らしいバスケができたと思う。ここからが勝負なのでもう1回、気を引き締めてどこが相手になっても思い切ったプレーをしたい」と決勝トーナメントに意気込みを示しました。


馬瓜ステファニー「最後まで楽しんでプレーしたい」


また、6得点をあげた馬瓜ステファニー選手は「序盤から相手がどんどん攻め込んできたが1点ずつ積み重ねることができた。自分たちのバスケは通用すると思えたので、最後まで楽しんでプレーしたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス