ニュースその他のスポーツ

【動画】東京オリンピック 大会2日目ハイライト

2021-07-25 午後 01:35

  

東京オリンピックは大会2日目の24日から本格的に競技が始まり、柔道の男子60キロ級で高藤直寿選手が今大会、日本にとって最初の金メダルを獲得するなど日本は合わせて2つのメダルを獲得しました。 大会2日目のハイライト動画です。


北北海道大会の決勝は、十勝地区どうしでは35年ぶりとなる帯広農業と帯広大谷の対戦となりました。

帯広農業は3回、3番・清水椋太選手のタイムリーヒットで先制し、さらに2点を追加して3点をリードしました。

帯広大谷は4回、すぐに1点を返しましたが、帯広農業は4回、5回にも得点を追加し、さらに6回には一挙8点を挙げ、リードを大きく広げました。

守っては、帯広農業のエース・佐藤大海投手が、味方の守備にも助けられながらピンチをしのぎ、強打の帯広大谷を9回、2点に抑えました。

帯広農業は先発全員安打の22本のヒットで19対2で勝ち、39年ぶり2回目の甲子園出場を決めました。

帯広農業の前田康晴監督は、去年のセンバツ高校野球に21世紀枠で出場が決まっていたことに触れ「去年のセンバツがコロナで中止になり悔しい思いもしていたので、この夏にかけていました。北北海道代表として恥じないプレーをしたいです」と話していました。

また、先制タイムリーを含む5安打の活躍を見せた清水選手は「次につなぐ意識でバッターボックスに立ちました。練習からやってきたことを発揮できてよかったです。皆さんに感動を与えられるように頑張ります」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス