ニュースバレーボール

オリンピック バレーボール男子 日本が29年ぶりの白星

2021-07-24 午後 09:25

  

東京オリンピックのバレーボール男子の予選リーグが24日から始まり、グループAの日本は初戦でベネズエラと対戦し、セットカウント3対0でストレート勝ちしました。オリンピックで男子の日本代表が白星をあげたのは29年ぶりです。


バレーボール男子の予選リーグは東京・江東区の有明アリーナで行われ、12チームが6チームずつ、2つのグループに分かれて総当たりで戦い、それぞれのグループの上位4チームが準々決勝に進みます。

グループAの世界ランキング11位の日本は、38位のベネズエラと対戦しました。

第1セットの中盤、相手のスパイクや日本のミスなどで3点をリードされましたが、山内晶大選手がセンターからの速攻で流れを引き寄せると、6連続ポイントで逆転し、25対21でこのセットを取りました。

日本は、第2セットと第3セットもキャプテンの石川祐希選手や大学2年生の高橋藍選手の活躍でセットカウント3対0でストレート勝ちしました。

日本がオリンピックで白星をあげたのは、1992年のバルセロナ大会で6位に入ったとき以来、29年ぶりです。

日本は26日に世界ランキング10位のカナダと対戦します。


キャプテン 石川祐希「しっかり勝ちきれた」


日本代表のキャプテンの石川祐希選手は「しっかりと初戦を勝ちきれてよかった。まだ課題もあったので、次の試合から修正したい」と振り返りました。
また、チームについて「力のある選手ばかりなので、自分のやることをやり、あとは任せている。本当にいいチームだと思う。次のカナダも強豪なので、やるべきことをやって自分たちのバレーを展開したい」と話していました。


チーム最年長 清水邦広「大きな1勝」


チーム最年長の34歳で、2008年の北京大会に唯一出場した清水邦広選手は「13年前は1勝もすることができなくて、ふがいない大会に終わってしまったので、大きな1勝になったと思う。この13年間は長かったし、この瞬間に立ち会えたのはすごくうれしいが、自分1人の力ではなく、いろんな人の力、支えがあったからだと思う」と充実した表情で振り返りました。

そのうえで、「僕が北京大会でプレーしたときは緊張でガチガチでしたし、プレッシャーの中で自分の思うようなプレーができなかったが、きょうは若い選手たちがのびのびと自分の持ち味を出していた。まだ伸びしろがあると思うし、日本男子バレーの未来にとっても大きな1勝ではないか」と後輩たちの活躍をたたえていました。


西田有志「入場したとき鳥肌立った」


オリンピック初出場の21歳、西田有志選手は「入場したときに鳥肌が立ったし、これまで経験した大会とは何かが違うと感じた。第2セットからトスを集めてもらったことで徐々に自分のペースでプレーできた」と初戦を振り返りました。

26日のカナダ戦に向けては「きょうの試合に満足するのではなく、それ以上の質の高さを求め、いいバレーを展開しないといけない」と気持ちを切り替えていました。


山内晶大「いつもどおりのプレーできた」


速攻やブロックでチームに流れを呼び込んだ山内晶大選手は「オリンピックという特別な舞台で緊張すると思ったが、いつもどおりのプレーができた」と冷静に振り返りました。

26日のカナダ戦に向けては「自分たちのプレーをすれば、いい勝負ができると思うので、しっかり準備したい」と力強く話していました。


中垣内監督「この場で1勝をとれたことのほうがよかった」


日本代表の中垣内祐一監督は「今まで調子が出ずに苦しんでいた期間もあったが、これを機に調子に乗りたい。点数は競ったが、内容は余裕があり、どこかのタイミングで連続得点が生まれると思っていた」と試合を振り返りました。

また、男子の日本代表がオリンピックで29年ぶりの白星をあげたことについて「若い選手にとってはあまり関係なく、この場で1勝をとれたことのほうがよかったと思う。次の対戦相手のカナダは強い相手なので、一段とギアを上げていきたい」と話していました。


長く続いた低迷期 乗り越えられるか


男子の日本代表はバレーボールが初めて採用された前回1964年の東京オリンピックで銅メダルを獲得し、続く1968年のメキシコ大会で銀メダル、1972年のミュンヘン大会では初めて金メダルを獲得するなど輝かしい実績を残してきました。

1992年のバルセロナ大会では現在の日本代表の中垣内祐一監督がチームを引っ張り、6位に入ったものの、高さとパワーで勝る海外の選手たちに圧倒され、3大会連続でオリンピック出場を逃しました。

2008年の北京大会では予選リーグで5戦全敗し、その後もオリンピックから遠ざかりました。

3大会ぶりの出場となった東京大会で29年ぶりの白星を挙げた男子の日本代表は長く続いた「低迷期」を乗り越えられるか。予選リーグ突破に向け、さい先のいいスタートを切りました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス