ニュース水泳

オリンピック 水球 女子予選リーグ 日本 初戦アメリカに敗れる

2021-07-24 午後 04:47

  

東京オリンピック、水球女子で、オリンピック初出場の日本は、予選リーグの初戦で、2大会連続で金メダルを獲得しているアメリカと対戦し、4対25で敗れました。


水球女子は2000年のシドニー大会からオリンピックに採用され、日本女子は今回の東京大会がオリンピック初出場です。

予選リーグのグループBの初戦で、オリンピック2連覇中のアメリカと対戦した日本は、第1クオーターに小出未来選手が、日本女子としてオリンピック初得点を決めるなどして、序盤は3対3と強豪を相手に互角の戦いをみせました。

しかし、その後は高さとスピードに勝るアメリカに14連続得点を許すなど一方的な展開となり、日本は第3クオーターに1点を返すのが精いっぱいで、4対25の大差で敗れました。

日本は今月28日に行われる予選リーグの第2戦で中国と対戦します。


2得点の小出未来「次の中国戦で勝つことが最大の目標」


2点をあげた小出未来選手は「チームとしてはカウンターやクロスからの攻撃で成果を出したかったが、課題の残る試合となった。次の中国戦で勝つことが今大会最大の目標なので、必ず勝って日本の皆さんに元気を与えたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス