カーリング

ON AIR直近の放送予定

直近のスポーツ番組を見逃さないようにチェック!

NEW最新トピックス

MOVIE関連動画

ENJOYもっと知る・楽しむ

カーリングってどんなスポーツ?

〈カーリングの基本的なルール〉

 

・1チーム4人で戦うチーム競技(1チーム2名で戦うミックスダブルスもある)。

・ストーンと呼ばれる石製の試合球を氷上に描かれた円(ハウス)に向かって投げ(滑らせ)、得点を競う。

・両チームの各選手がストーンを1人2個ずつ、相手チームと交互に投げる。

・各チーム計8個(両チームで計16個)の投球が終わると1ゲーム(エンド)終了。

・1エンド終了時点で、ハウスの中心に最も近くストーンを投げ入れたチームにのみ得点が入る。得点数は、ハウス中心に一番近い相手チームのストーンよりも内側にあるストーンの個数で決まる。

・1試合に複数エンド競い(大会によってエンド数は異なる)、最終的な合計得点で勝敗を決める。

 

enjoy_curling_01.png

 

カーリングは、ストーンをハウスの中心に目掛けて投げ入れればいいだけではなく、相手の進路を阻むように防壁を作る、角度を計算してはじき出す、など緻密な戦略が必要になることから、「氷上のチェス」とも呼ばれる頭脳スポーツ。

たとえストーンをハウス中心に寄せても、後から相手が投げるストーンにはじきとばされてしまうとすぐに形勢逆転されてしまうことから、最後の1投まで勝負展開がわからないのが面白いところ。

最後に自チームのストーンをハウス中心に残すべく、計8個のストーンをどう投げすすめるか、選手たちの巧みな投球技術と戦術から目が離せません!

北欧の子供たちが発案!?

enjoy_curling_02.png

 

15~16世紀のスコットランドまたは北欧の国が発祥と言われるカーリング。凍りついた池に石をすべらせて楽しむ子供たちの遊びに大人も興味を持ち、スポーツとして発展したのだとか! カーリングはのちに北米へ移り住んだ人々からカナダにも広まり、現在の主なルールはカナダで確立したと言われるほど、国民的スポーツとして人気を集めています。

ちなみに「カーリング」の名前は、ストーンの回転(カール)する様子がカールした巻き髪に似ていることから名付けられたそう。クルンとした巻き髪の子供たちがカーリングで無邪気に遊ぶ様子が目に浮かびますね!

氷を溶かして進む!

 

enjoy_curling_03.png

 

カーリングと言えば印象的なのが、氷上をブラシのようなものでゴシゴシ磨く「スイーパー」と呼ばれる選手たち。彼らは氷上のゴミやほこりの掃除をしているわけではなく、ブラシでこする(スイープ)ことで実は氷を溶かしているんです!

カーリングのリンクは試合前に水が撒かれ、氷上に氷の粒(ペブル)ができてデコボコした状態。このペブルをスイープして溶かすことで、ストーンの滑り具合や曲がり方を絶妙にコントロールしているのです。

1試合にスイープする距離はなんと約2.4km! 一流スイーパーともなると、腕はかなりムキムキなのかも!?

スキップが勝負のカギ!

enjoy_curling_04.png

 

試合中はストーンを投げる選手やスイーパーばかりに目が行きがちですが、ぜひ注目したいのはハウス側に立つ選手。カーリングはストーンを投げる順番に応じてリード(最初に投げる選手)、セカンド(2番目に投げる選手)、サード(3番目)、スキップ(4番目)とポジションが決まっていますが、このうちスキップは勝敗のカギとも言える重要ポジション。自分の投球時以外はハウス側に立って戦略を考え、投球コースなどの指示を出す司令塔、つまり選手兼監督も言えるマルチプレーヤーなのです!

なお、スキップ=4番目に投げる選手である場合が多いものの、チームによってはセカンドやサードの選手がスキップを務める場合も。また、スキップの投球時は他のポジションの選手が「バイスキップ」として司令を出します。

スキップがどんな戦略を繰り出すか…その手腕に注目!

1セット約160万円の希少品!

enjoy_curling_05.png

 

ストーンは直径約30cm、重さ約20kg。石材は主に火成岩(マグマが冷えて固まった岩石)の一種、花崗岩(かこうがん)で作られています。この花崗岩、実は「墓石」としてもおなじみの素材とあって、硬度が高く衝撃に強いのが特徴。中でも国際大会などで使われるカーリングストーンは、主にスコットランド沖のアルサクレイグ島で砕石された花崗岩が使われているのだとか。

ところが自然保護の観点から、アルサクレイグ島での砕石はなんと20年に一度のみ!そんな希少性もあってか、カーリングストーンの価格は1個およそ10万円、1試合に必要な1セット16個ではおよそ160万円という高級品!どの試合もストーンは基本的に会場にあるものを使いますが、それもそのはず。合計約160万円、総重量約3.2トンとあっては、揃えるのも持ち運ぶのも大変ですものね…。

スイスイ滑れる魔法の靴?

enjoy_curling_06.png

 

カーリング選手が試合で履いているシューズ、よく見るとスケート靴のような刃はついていないことに気が付くはず。…あれ、でも選手がストーンを投げるときはなんでスーッと滑れているの…?

その秘密、実は靴底の仕掛けにあるんです。カーリング専用シューズの靴底を見ると、片方の底面はテフロンやステンレスなどでできたツルツルの滑りやすい素材、もう片方はゴムのような素材で滑らないようになっているのが特徴。そのため右利き(右手で投げる)選手の場合、左足にツルツル底のシューズを履き、右足で蹴って左足で滑りながらストーンを投げているというわけなんです(左利きの場合はこの逆)。

ちなみに普段リンク内外を歩くときは靴底にゴムのカバーをつけているのだとか。だから投球時以外は滑ることなくスタスタ歩けているんですね…!

”ヤップ!” ”ウォー!”

enjoy_curling_07.png

 

大きな大会などでは各選手にピンマイクがつけられ、試合中選手たちの作戦会議や会話のやりとりが楽しめるのもカーリングならでは面白いところ。

聞こえてくる選手らの話声でぜひ着目したいのは、「ヤップ!」「ウォー!」など雄叫びのような試合中の掛け声。これ、実は単に気合を入れているわけではなく、スイーパーへの指示出しとして使われるれっきとした試合用語なんです!

例えば「yup!(ヤップ!)」「yes!(イエス!)」は「スイープしろ!」という意味で、もっと強くスイープしてほしいときは「hard!(ハード!)」「hurry!(ハリー!)」、逆に軽くスイープしてほしいときは、「clean(クリーン)」などと指示されます。「whoa!(ウォー!)」は「スイープをやめろ」という意味で、「no!(ノー!)」などとも指示されます。

こんな掛け声の意味を知っていると、ストーンの行方もより一層楽しめそうですね!

PICK UP編集部オススメ

SPECIAL特設サイト

話題の競技、大会情報を特設サイトで随時更新中!

東京2020オリンピックのNHK特設サイトです。オリンピックのニュースやスケジュール、動画などを掲載しています。大会期間中は試合結果など、オリンピックの「今」をお届けします。

東京2020オリンピックサイト

07月23日 (金) ~08月08日 (日)

「NHKプラス」では、総合テレビとEテレで放送するオリンピック関連番組をいつでもどこでも、スマートフォンやパソコンから楽しめます。さらに、日程別、競技別に編集した「プレイリスト」で様々な番組をお楽しみいただけます。

東京2020オリンピックはNHKプラスで!

東京オリンピック・パラリンピックの最新ニュース。新型コロナウイルスの影響・最新のスポーツの結果・代表選考・大会運営・聖火リレー・生活関連情報・特集記事などをまとめた特設サイトです。

NEWSEWB 東京オリパラ特設ページ

東京オリンピックがより楽しくなる! 注目の選手、メダリストの生い立ちなど、オリンピック関連の動画をお楽しみください。

オリンピックチャンネル

東京2020パラリンピックのNHK特設サイトです。パラリンピックのニュースやスケジュール、動画などを掲載しています。大会期間中は試合結果など、パラリンピックの「今」をお届けします。

東京2020パラリンピックサイト

NHKのスポーツ取材の現場で選手たちが発した言葉です。勝負の世界に生きるアスリートたちの努力や決断を後押しした言葉、困難に立ち向かう支えになった言葉などを紹介します。

アスリート×ことば

05月22日 (土) ~

1回戦から決勝まで、すべての試合をリアルタイムでデータ更新!
NHKの放送予定やハイライト動画もお楽しみください。

天皇杯 JFA第101回全日本サッカー選手権

著名な漫画家とアニメ監督たちが、一緒になって生み出す魅力的なキャラクターと豊かな物語で、パラスポーツをもっと身近にもっと楽しく知ってもらう「アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜」。
新型コロナの影響でパラリンピックは1年延期になりましたが、この先もアニ×パラは来年に向けて、頑張るパラアスリートを応援します!

アニ×パラ