茨城県 「キョン」目撃情報などに褒賞金制度 30日から開始

千葉県で大量に繁殖し、対策が課題となっている特定外来生物の「キョン」について、茨城県は、目撃情報や捕獲に褒賞金を出す制度を30日から始めました。
目撃情報に褒賞金を出すのは全国の都道府県で初めてだということです。

中国などが原産の「キョン」は生態系などに害を及ぼすおそれがあるとして、国から特定外来生物に指定され、千葉県内では、農作物を食い荒らすなどの被害が出ています。
茨城県でも2017年以降、千葉県との境の神栖市のほか筑波山などでも目撃されていて、県はさらなる侵入を防ごうと、30日から褒賞金制度を始めました。
具体的には、県内で画像か動画を撮影した目撃情報に1件あたり2000円、捕獲に1頭あたり3万円を支払います。
県によりますと、目撃情報に褒賞金を出すのは全国の都道府県で初めてだということです。
目撃情報はことし4月以降が対象で、撮影場所が分かるように周囲を含めて撮影してほしいとしています。
また、捕獲には狩猟免許を持ち、市町村から有害鳥獣の捕獲許可を受けている必要があります。
県は、提供された写真や動画をホームページで公表するとともに生息状況を把握して、キョンの侵入を防ぐためのわなの設置など、対策につなげていきたいとしています。