水戸京成百貨店助成金詐取事件 元総務部長 起訴内容認める

水戸市にある水戸京成百貨店の元総務部長が新型コロナ対策の国の助成金およそ10億7000万円をだまし取ったして詐欺の罪に問われている事件の初公判が15日開かれ、元総務部長はこのうち一部について起訴された内容を認めました。

水戸京成百貨店の元総務部長、片岡卓也被告(58)は、従業員の勤務データを改ざんするなどして新型コロナ対策の国の雇用調整助成金およそ10億7000万円をだまし取ったとして詐欺の罪に問われています。
15日、水戸地方裁判所で開かれた初公判ではこのうち4年前の4月から5月にかけて1億3000万円余りをだまし取ったとされる事件について審理され、元総務部長は「相違はございません」と述べて起訴された内容を認めました。
この事件では百貨店の元社長の齋藤貢被告(66)も共謀して助成金をだまし取ったとして起訴されていて検察は冒頭陳述で「新型コロナの影響で売り上げの減少が見込まれ給料の支払いが難しくなって元社長から従業員の休業日の水増しを指示された。元総務部長は元社長に『水増しは問題だ』と伝えていた」などと述べました。