横浜市消防局 救急隊が道を間違え病院到着遅れる 家族に謝罪

13日朝、横浜市消防局の救急隊が急病の80代の女性を搬送中、道を間違えて病院への到着が13分遅れるミスがありました。
搬送された女性は病院で死亡が確認され、消防局は家族に謝罪したということです。

これは、13日夜、横浜市消防局が会見で明らかにしました。
それによりますと、13日朝8時ごろ、保土ケ谷消防署の救急隊が戸塚区の福祉施設から119番通報を受けて、急病の80代の女性を救急搬送した際、自動車専用道路の分岐点で道を間違え、病院への到着がおよそ13分遅れたということです。
搬送時、女性は心肺停止の状態で、救急車の車内で救命処置が行われましたが、病院で、死亡が確認されました。
搬送先の医師は「到着の遅れによる死亡への影響は不明だ」としているということです。
消防局は家族に謝罪したということで、横浜市消防局の木村正夫救急部長は「心よりおわび申し上げます。今回の事案を検証し、再発防止の徹底を図っていきます」と話しています。