千葉の教員採用試験 問い合わせ殺到で 受け付け期間延長

教員の人材確保のため、千葉県と千葉市の教育委員会は、奨学金の返済を全額肩代わりする制度などを新たに設けて志願者を募集したところ問い合わせが殺到し、受け付けの期間を急きょ、延長することになりました。

千葉県と千葉市の教育委員会は、今年度に行う公立の小中学校などの教員採用試験を前に、先月はじめから志願者を募集しています。
今年度の募集にあたっては優秀な人材を確保しようと、大学生や短期大学生の奨学金の返済を全額肩代わりする制度を始めたほか、県立高校で一定の課程を修了した学生向けの地域枠や、一度離職した元教員を対象とした試験制度などを新たに設けました。
その結果、制度を受けられる条件や応募の方法などについて問い合わせが殺到し、今月に入ってからは多い日で一日100件ほどの電話が寄せられ対応が追いついていないということです。
こうした状況を受けて教育委員会は、10日までとしていた志願者の受け付けを、13日まで延長する対応を取ることになりました。
千葉県教育委員会は、「想定以上に反響があり、受け付け期間の延長は異例だ。問い合わせにしっかり対応し、志願者が不安なく受験できるようにしたい」としています。