関東甲信越 各地で気温上昇 新潟で30度超 真夏日に

15日の関東甲信越は各地で晴れて気温が上がり、新潟県では30度を超え真夏日になっています。
この時期はまだ体が暑さに慣れていないため体調管理に注意が必要です。

気象庁によりますと関東甲信越は高気圧に覆われて広い範囲で晴れ、南から暖かい空気も流れ込んで各地で気温が上がっています。
午後2時までの最高気温は新潟県の三条市で32.2度、長岡市で30.9度、新潟市秋葉区で30.7度などとなり、沖縄県を除きことし全国で初めて30度以上の真夏日となりました。
このほか、長野県飯山市で29度ちょうど、群馬県桐生市で28.4度、茨城県大子町と埼玉県鳩山町で28.3度、東京の都心で26.8度などと各地で夏日となっています。
この時期はまだ体が暑さに慣れていないため屋外の活動などは体調管理に注意が必要です。

新潟県は南からの暖かい風の影響などで気温が上がり、三条市や長岡市など各地でことし初めて最高気温が30度以上の真夏日となりました。
このうち三条市では、午後2時までの最高気温が32.2度と、4月の観測史上で最も高くなりました。
三条市の川沿いにある公園では、半袖姿でキャンプを楽しむ人たちの姿が見られました。
新潟市から訪れた40代の男性は「天気がいいとは思っていましたがここまで暑くなるとは思いませんでした」と話していました。
東京からキャンプに訪れていた60代の男性は「セーターを持ってきましたが半袖になりました。季節外れの暑さになっています」と話していました。

日中の最高気温が31.4度と4月の観測史上で最も高くなった新潟県長岡市では、7月下旬並みの季節外れの暑さとなる中、日傘をさしたり半袖の服を着たりする人の姿が見られました。
80代の男性は「4月でこれだけ暑いのは経験がありません。花見の時期はもう過ぎてしまったかと感じるほどの暑さです」と話していました。
40代の女性は「きょうは半袖の服でちょうどよかったです。飲み物を飲む回数も多かったです」と話していました。