日光市のパン製造販売会社 紅麹原料使用のパン自主回収と発表

栃木県日光市にあるパン製造・販売会社「金谷ホテルベーカリー」は、「小林製薬」が製造した紅麹原料を使っていたパン、3つの商品を自主回収すると発表しました。
これまでにこの商品による健康被害は確認されていないということです。

「金谷ホテルベーカリー」によりますと、対象の商品は「いちごブレッド」「いちごロール」「春のあんぱん」の3つです。
小林製薬が回収を発表した「紅麹」を原料として使用しているため、23日から県内9つの店舗すべてで販売を中止するとともに、商品の自主回収を進めるということです。
これまでにこの商品による健康被害は確認されていないということです。
会社では対象の商品を購入した人に対し、日光市土沢にある本社まで商品を着払いで送るようホームページなどで呼びかけていて、後日、返金するとしています。
「金谷ホテルベーカリー」の営業本部は、「パンは、すべて、日光市内の工場1か所で作っています。1種類作り終えるたびに製造ラインを洗浄しているのでほかの商品への混入はありません」としています。