前橋市長選挙 小川晶氏が現職を破り初当選

事実上の与野党対決の構図となった前橋市長選挙は、無所属の新人で立憲民主党など野党側の議員が支援した小川晶氏(41)が、自民党と公明党が推薦した現職を破り、初めての当選を果たしました。

前橋市長選挙の開票結果です。
小川晶、無所属・新。
当選。
6万486票。
山本龍、無所属・現。
4万6387票。

立憲民主党、共産党、国民民主党、社民党の議員から支援を受けた元群馬県議会議員の小川氏が、自民党と公明党が推薦し、4期目を目指した山本氏を破り、初めての当選を果たしました。
小川氏は、千葉県出身の41歳。
弁護士で、平成23年の県議会議員選挙から4回連続で当選し、今回、前橋市長選挙に初めて立候補しました。
選挙戦で小川氏は、子育て支援策の強化やクリーンな市政の実現を訴える一方、4期目を目指した現職を多選だと批判しました。
小川氏は、「この勝利は、市民の勝利だと思う。みなさんと一緒に市民の力で前橋をよくしていきたい、新しいまちにしていきたい、新しい政治をつくっていきたい」と述べました。
山本氏の陣営は、自民党の派閥の政治資金パーティーをめぐる事件を受けて、党幹部の応援要請を控えるなどした一方で、山本一太知事や自民・公明両党の地方議員が組織戦を繰り広げましたが、小川氏に及びませんでした。
山本氏は、「私自身の力不足が一番の原因です。訴えをもっと広く伝えられなかったことを含め、おわびしたい」と述べました。
投票率は39.39%で、保守分裂選挙となった前回・4年前を3.77ポイント下回りました。