茨城 明秀日立高校 硬式野球部で金属バットなくなる

高校野球の強豪校、茨城県の明秀日立高校の硬式野球部で、備品の金属バットがなくなり、学校が警察に相談していることがわかりました。
関係者によりますと、これまでに学校に対して、複数の部員がリサイクルショップに売ったと申し出ているということです。

日立市にある明秀日立高校によりますと、先月、硬式野球部で備品の金属バットがなくなり、市内のリサイクルショップで特徴の似た金属バットが売られているのが見つかったということです。
関係者によりますと、これまでに学校に対して、数人の部員が金属バットを複数持ち出し、リサイクルショップに売ったと申し出たということです。
学校では、先月、野球部の保護者会を緊急に開き、経緯について報告しました。
関係者によりますと、硬式野球部では、これまでも野球道具や私物が寮からなくなったことがあったということで、学校は、「今後、対応を考えていきたい」としています。
明秀日立高校の硬式野球部は、おととし春夏連続で甲子園出場を果たした強豪校です。
茨城県高校野球連盟は「学校側から備品が盗まれたと連絡を受けた。事実関係を確認して報告するよう指示した」としています。

明秀日立高校に通う生徒の保護者が、NHKの取材に応じ、「部内では、これまで部員の物がなくなったことがあったと子どもから聞いている」と証言しました。
今回の緊急保護者会の様子については、「何人かの生徒が手を挙げて、自分がやりましたという答えが出たということを聞いた。また、警察とも連携を取っていくということも説明された」と話しました。
保護者は「入学当時から個人間での窃盗があって、野球用品や私物や金銭がなくなるという話を聞いていました。もっとクリーンな野球部になってほしいです」と話していました。