東京と神奈川で震度4 津波の心配なし

東京と神奈川で震度4 津波の心配なし

28日午前9時前、東京23区や神奈川県などで震度4の揺れを観測する地震がありました。
この地震による津波はありません。

28日午前8時59分ごろ、東京湾の深さ80キロを震源とするマグニチュード4.8の地震がありました。
この地震で震度4の揺れを東京の中央区、港区、品川区、渋谷区、練馬区、葛飾区、調布市、町田市、神奈川県の横浜市鶴見区、横浜市神奈川区、横浜市保土ケ谷区、横浜市港北区、横浜市戸塚区、横浜市緑区、横浜市瀬谷区、川崎市川崎区で観測しました。
また、震度3の揺れを東京と神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の各地で観測しました。
このほか震度2や1の揺れを関東甲信越や伊豆諸島、静岡県、福島県、宮城県の広い範囲で観測しました。
この地震による津波はありません。

都内などでエレベーターを管理している企業「エレベータシステムズ」によりますと、午前10時半現在、震度4の揺れを観測した東京、神奈川県から「エレベーターが停止した」という連絡がマンションを中心に10件から20件ほど入っているため作業員が現場に向かって復旧作業を進めているということです。
会社によりますと震度4など、一定程度の揺れが観測されるとエレベーターは自動で停止することになっていて、人が閉じ込められたという情報は現時点で入っていないということです。

地震のメカニズムに詳しい東京大学の平田直名誉教授は「気象庁の発表した震源は東京湾だったが、その近くの千葉県北西部は比較的地震活動が活発な場所だ。今回は位置がやや西にずれていたことから震源が東京湾になった」と指摘しています。
そのうえで「今回は最大震度4だが、首都圏でもさらに強い揺れを伴う地震が常に起きうる。家具を固定するほか水や食料を備蓄をするなど、日頃の備えを進めてほしい」と話しています。