”大麻グミ” 都内7店舗に都職員が立ち入り 販売自粛を要請

グミから検出された大麻に近い成分が、指定薬物に追加されたことを受け、東京都は、同じ成分を含んだ商品を扱う可能性があるとして、都内の店舗に販売の自粛を要請したことを明らかにしました。

大麻に近い成分の名前が表示されているグミを食べた人が相次いで体調不良を訴えている問題で、厚生労働省は22日、検出された成分「HHCH」を指定薬物に追加し、来月2日から販売や所持・使用が禁止されます。
これについて、小池知事は24日の記者会見で、同じ成分を含んだ商品を扱う可能性があるとして、都内の7つの店舗に、職員が立ち入り、販売の自粛を要請したことを明らかにしました。
都によりますと、職員が立ち入ったのは22日と24日の2日で、店舗では、同じ成分を含んだグミの販売は確認されなかったということです。
また、都は、インターネットでフリーマーケットやショッピングのサイトを運営している事業者に対しても、今回の規制について周知したということです。
小池知事は「この問題は、成分の配合を変えていくなどいろいろな課題が出てくるかと思うが、しっかり対処していきたい」と述べました。