東京 江東区長「柿沢前副大臣から有料広告を勧められた」

東京 江東区長「柿沢前副大臣から有料広告を勧められた」

東京・江東区の区長の陣営が、選挙期間中、動画投稿サイトに公職選挙法で禁じられている有料広告を出していたとされる事件で、区長が、東京地検特捜部に対し、「柿沢未途 前法務副大臣から有料広告を勧められた」などと説明していることが、関係者への取材でわかりました。
柿沢議員は31日、この問題の責任をとりたいとして法務副大臣を辞任しました。

江東区の木村弥生区長は、初当選したことし4月の区長選挙の期間中、YouTubeに自身への投票を呼びかける有料広告を出していたとして、東京地検特捜部から公職選挙法違反の疑いで区長室などを捜索され、26日に辞職届を提出しました。
関係者によりますと、特捜部の任意の事情聴取に対し、区長は「地元選出で自民党の柿沢衆議院議員から別の選挙で効果があったとして有料広告を勧められた。違法性はないと思っていた」などと説明しているということです。
柿沢議員は、31日、区長側に有料広告の利用を勧めた責任をとりたいとして法務副大臣を辞任しました。
いわゆる「保守分裂」の激しい選挙戦となった4月の区長選挙では、柿沢議員の後援者の多くが木村区長を支援したということで、特捜部は有料広告掲載の詳しい経緯について調べを進めるものとみられます。