東京都 過去最も早く インフルエンザ「流行注意報」発表

東京都は、今後、さらに流行が拡大する可能性もあるとして21日、インフルエンザの「流行注意報」を出しました。
9月に注意報が出されるのは、統計を取り始めた1999年以降2回目で、これまでで最も早く、都は基本的な感染防止対策を呼びかけています。

先週、都が公表した今月10日までの1週間に報告されたインフルエンザの感染者数は1医療機関あたり5.95人と、この時期としては過去最多となりました。
都によりますと、17日までの感染者数は1医療機関あたり11.37人で、前の週のおよそ2倍となったほか、「流行注意報」を出す基準の10.0人を超えました。
都は今後、さらに流行が拡大する可能性もあるとして21日、「流行注意報」を出しました。
9月に注意報が出されるのは、統計を取り始めた1999年以降2回目で、これまでで最も早いということです。
また、今月17日までの2週間で、幼稚園3校、小学校138校、中学校45校、高校21校のあわせて207校で、学級閉鎖などの臨時の休みになったということです。
都はインフルエンザの予防のためにこまめな手洗いやせきエチケットなど基本的な感染防止対策を呼びかけています。