関東大震災直後の福田村事件 千葉 野田市が初めて弔意表明

100年前の関東大震災発生直後の千葉県野田市で行商に訪れていた一行が地元の自警団に殺害されたいわゆる「福田村事件」について野田市は犠牲者への弔意を初めて表明するとともに9月に開かれる遺族との交流会に出席することになりました。

関東大震災の直後の大正12年9月、現在の千葉県野田市、当時の福田村で香川から訪れていた薬の行商の一行が当時、迫害を受けていた朝鮮人と疑われたことをきっかけに地元の自警団から暴行を受け9人が殺害されました。
事件からことしで100年になることに関連し、野田市の鈴木有市長は今週開かれた市議会の一般質問の中で「被害にあった方々に謹んで哀悼の誠を捧げたい」と述べ、市として初めて公式に弔意を表明しました。
また、地元の市民グループがことし9月に計画している遺族との交流会や教訓を学ぶ勉強会に市の職員を参加させる考えを明らかにしました。
地元の市民グループは、現場近くに犠牲者の慰霊碑を建立し、遺族などを招いて毎年9月に追悼の式典を開くなどしていますが、市はこれまで民間人どうしの事件だとしてこうした行事などに参加することはありませんでした。
今回の市の対応について遺族との交流会を計画している市民グループ代表の市川正廣さんは「高く評価したい。ただ、これはまだ最初の一歩で、市には事件の教訓を伝えるなど歴史に向き合ってもらいたい」と話しています。