千葉の公立高校入試 採点ミス933件確認 6人不合格に

先月行われた千葉県の公立高校の入試で採点ミスが8割近い高校で900件余り確認され、このうち受験生6人を誤って不合格にしていたことがわかりました。
教育委員会は6人を追加で合格とするとともに、採点やチェックが適切に行われていたか県内すべての公立高校で調べることになりました。

千葉県教育委員会によりますと、先月行われた公立高校の入試で正解とすべき解答を不正解としたり、点数を誤って計算したりするなど933件にのぼる採点ミスが見つかったということです。
採点ミスは公立高校全体の77%にあたる98校で確認され、このうち5つの高校のあわせて6人が合格点に達していたのに誤って不合格とされていたこともわかりました。
このため県教育委員会は6人を追加で合格にするとともにすでに支払った私立高校の入学金などは補償することにしています。
会見を開いた千葉県教育委員会の冨塚昌子教育長は「人生を左右する入試で誤りがあったことは誠に申し訳ない。再発を防ぐため原因の究明を急ぎたい」と陳謝しました。
【きっかけは受験生の情報公開請求】
900件にのぼるミス発覚の発端は県立高校を受験した生徒の自分の答案用紙に対する情報公開請求でした。
請求を受けて採点を調べたところ誤りに気づき、さらに別の受験生の複数の答案でも採点ミスが相次いで見つかったことから全ての高校で採点チェックを行ったということです。
千葉県教育委員会によりますと、採点作業はミスを防ぐため、複数人で複数回チェックすることがマニュアルで定められているということです。
こうしたことを受けて県の教育委員会は採点やチェックが適切に行われていたか全ての公立高校で調査を始めることを決めました。