この冬一番の寒気 東京23区で積雪も 水道管凍結など警戒

関東甲信越はこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込み、新潟県や長野県、関東北部では昼すぎから大雪のおそれがあるほか、東京23区でも24日夜には雪が積もるところがある見込みです。
気温もかなり低くなり、交通への影響や水道管の凍結などへの警戒が必要です。

気象庁によりますと、これから冬型の気圧配置が強まり、東日本の上空にはこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。
このため関東甲信越では24日の昼すぎから雪が強まり、長野県や関東北部では25日にかけて、新潟県では26日にかけて大雪となるおそれがあります。
25日朝までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、新潟県で90センチ、長野県で70センチ、関東北部で45センチと予想されています。
また、23区を含む東京地方でも24日夜は局地的に雪が強まって積もるところがあり、25日朝までに2センチの降雪が見込まれています。
予想より気温が低くなった場合などは降雪量が増えるおそれがあるとしています。
その後、26日朝までの24時間の降雪量は、新潟県で50センチから70センチ、関東北部で30センチから50センチ、長野県で20センチから40センチと予想されています。
気温もかなり低くなり、25日の最低気温は長野県松本市でマイナス8度、甲府市や新潟市でマイナス5度、宇都宮市と前橋市、水戸市、さいたま市でマイナス4度、東京の都心でマイナス2度、千葉市や横浜市でマイナス1度と予想されています。
気象庁は、大雪や路面の凍結による交通への影響に警戒するとともになだれにも十分注意するよう呼びかけています。
気温が下がり、水道管が凍結するおそれもあることから、大雪や低温への備えを進めてください。