24日から今冬一番の寒気 関東甲信の山沿いでも大雪のおそれ

24日からこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込むため、新潟県では積雪が急激に増え、関東甲信の山沿いでも大雪のおそれがあります。
東京の都心など各地で最低気温が氷点下となり、交通への影響や水道管の凍結のおそれもあり、雪や低温への備えを早めに進めてください。

気象庁によりますと、24日から冬型の気圧配置が強まり、東日本の上空にはこの冬一番の非常に強い寒気が流れ込む見込みです。
このため24日以降、新潟県では雪が強まり短時間で積雪が急激に増えるおそれがあるほか、関東甲信では長野県と関東北部のいずれも山沿いを中心に大雪となるおそれがあります。
24日の朝から25日の朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで、新潟県で70センチから100センチ、長野県で50センチから70センチ、関東北部で30センチから50センチと予想されています。
その後、今月26日の朝までの24時間の降雪量は、新潟県で70センチから100センチ、関東甲信で30センチから50センチと予想されています。
新潟県では24日から雪を伴った非常に強い風が吹き、海上はしける見込みです。
気温もかなり低くなり、25日は最低気温が長野県松本市でマイナス10度、甲府市でマイナス7度、宇都宮市、前橋市、水戸市でマイナス6度、新潟市でマイナス4度、東京の都心でマイナス3度と予想されています。
気象庁は、大雪や路面の凍結による交通への影響に警戒するとともに、水道管の凍結や強風、高波にも十分注意するよう呼びかけています。
23日のうちに雪や低温への備えを進めるようにしてください。