福島の除染土 再生利用実証事業を新宿御苑でも計画 環境省

福島県内の除染で出た土の再生利用に向けた実証事業を環境省は県外で行う方針を示していますが、新たに東京・新宿の「新宿御苑」でも実施する計画を明らかにしました。

東京電力・福島第一原子力発電所の事故のあと、中間貯蔵施設に運び込まれた福島県内の除染で出た土を、国は放射性物質の濃度が基準を下回れば公共工事などで再生利用する方針です。
これまで福島県内で実施してきた再生利用に向けた実証事業を環境省は埼玉県所沢市の国の施設、「環境調査研修所」で実施する計画を示しています。
さらに9日の閣議後の会見で西村大臣は、環境省が管理する東京・新宿の「新宿御苑」で実施する計画を明らかにしました。
環境省によりますと、公園内の一般の人が立ち入れない場所に穴を掘って土を入れて花壇を造成する計画で、一般への見学会も実施するとしています。
今月21日に住民説明会を開き理解が得られれば年明けにも事業を開始したいとしています。
環境省はほかにも茨城県つくば市の「国立環境研究所」でも計画しているということです。
西村環境大臣は「事業を行うのは環境省が管理する場所で、関係自治体と協議しながら選定している。除去土壌の再生事業に関する理解醸成の場としても活用したいと思っている。住民の理解が得られるよう丁寧に説明を尽くしたい」と述べました。