東京都 節電への取り組み 職員がタートルネックなどで業務

本格的な冬に向けた節電の取り組みとして、21日から東京都の職員が「タートルネック」などの暖かい服装を着用して業務を始めました。

都は、電力需給のひっ迫リスクが高まる本格的な冬に向けた節電の取り組みとして、「タートルネック」など暖かい服装での仕事や生活を都民や事業者に呼びかけています。
こうしたなか、都の職員が率先して実践していこうと21日から取り組みを始めていて、その様子が報道陣に公開されました。
都庁第一本庁舎にある政策企画局の部屋では、「タートルネック」やカーディガンなどを着用した職員たちが打ち合わせなどの業務を行っていました。
都は、庁舎内の室温について節電のため20度を目安に管理していくということです。
初めてタートルネックを着て仕事にあたるという男性職員は「暖かく仕事ができている。無理に着る必要はないが、地球環境のことなので都庁も努力していくし、都民や事業者と一緒に進めていきたい」と話していました。