東京五輪テスト大会入札 電通など複数広告会社など受注調整か

東京五輪テスト大会入札 電通など複数広告会社など受注調整か

東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会が発注した各競技のテスト大会に関連する業務の入札をめぐり、複数の広告会社などが受注調整を行っていた疑いがあることが関係者への取材で分かりました。
東京地検特捜部は、独占禁止法に違反する可能性があるとみて公正取引委員会と連携し、詳しい経緯を調べているものとみられます。

関係者によりますと、受注調整が行われた疑いがあるのは東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会が発注したテスト大会に関連する入札です。
テスト大会は競技会場ごとに選手の動線や警備体制を確認するために行われるもので、組織委員会はこれらの計画立案を委託する業者を選定するため2018年に総合評価方式で26件の入札を実施しました。
その結果、広告大手「電通」など9社と1つの共同企業体が、総額5億円余りで落札しましたが、事前に落札業者を決める受注調整が行われた疑いがあるということです。
東京大会をめぐっては、組織委員会元理事の高橋治之被告(78)がスポンサー企業など5社からあわせて2億円近い賄賂を受け取ったとして受託収賄の罪で4回逮捕・起訴されていて、関係者によりますと、一連の捜査の過程で受注調整が行われた疑いがあることが分かったということです。
東京地検特捜部は独占禁止法に違反する談合が行われた可能性があるとみて公正取引委員会と連携し、詳しい経緯を調べているものとみられます。
NHKの取材に対し、電通は「本件について事実関係を確認中です」とコメントしています。