「皆既月食」と「天王星食」午後6時9分ごろから月が欠け始め

8日夜は月が徐々に地球の影に覆われる皆既月食が広い範囲で見られそうで、このあと午後6時9分ごろから月が欠け始めます。
多くの地域では、月が地球の影に完全に覆われた「皆既食」中に月の後ろに天王星が入る天王星食も同時に見られ、日本では442年ぶりとなる天体ショーとして注目されます。

皆既月食は、月が地球の影に徐々に覆われていき、太陽と地球と月が一直線に並び、月全体が地球の影に完全に覆われます。
完全に覆われた状態を「皆既食」と呼び、太陽光の一部の赤い光が月を照らし、赤黒い色に見えるのが特徴です。
国立天文台によりますと、今回の皆既月食は全国どこでもこのあと午後6時9分ごろから月が欠け始め、7時16分ごろから8時42分ごろまでの間、「皆既食」の状態となり、9時49分ごろ明るい満月に戻るということです。
また国内のほとんどの地域で天王星が月の後ろに入る天王星食が同時に見られ、東京近辺から西では皆既食の最中、北海道や東北では皆既食が終わったあとの月が部分的に欠けた状態のときに天王星が月の後ろに入り始めます。
国立天文台によりますと、日本で皆既食中に、天王星食のような惑星食が見られるのは1580年以来442年ぶりで、きわめて珍しい天体ショーとなります。
国立天文台の山岡均広報室長は「惑星食と皆既食が同時に観測されるのはとても珍しいことで、私たちが生きている間には二度と無いような現象です。このチャンスを逃さずに見てもらいたい」と話していました。

東京・国分寺市の公共施設では、事前に申し込んだ市民を対象とした皆既月食の観察会が開かれることになっていて、スタッフが準備を進めています。
東京・国分寺市の公共施設、「cocobunjiプラザ」は8日夜の皆既月食と天王星食に合わせ、子どもや天体観測の初心者を対象にした観察会を開きます。
先月、定員50人で参加者を先着順で募集したところ、その日のうちに定員分の応募があり、締め切ったということです。
8日夜は、実際に観察する前に月食の仕組みや月や地球などに関するスライドをスクリーンに映して説明します。
また、観察会では市が所有する望遠鏡2台を使う予定で、本番を前に屋外の広場に出して倍率や角度を調整し、問題なく使えるかどうか確認していました。
「cocobunjiプラザ」の清水大吾さんは「戦国時代以来の現象を見られるとても貴重な機会ですので、そこに思いをはせて、ロマンチックな気持ちで見てほしいです。そして、少しでも天文に興味を持ってもらえればと思います」と話していました。

月全体が徐々に地球の影に覆われる「皆既月食」と天王星が月の後ろに入り込む「天王星食」を同時に見られる442年ぶりの天体ショーを楽しんでもらおうと、栃木県益子町で観望会が行われています。
8日夜の皆既月食では、月が地球の影に完全に覆われる「皆既食」中に月の後ろに天王星が入り込む惑星食が日本では戦国時代以来、442年ぶりに見られ、栃木県内では、天気がよければ東の空で午後8時40分ごろに観測できる見込みです。
これにあわせて益子町の天体観測施設「スペース250」で観望会が開かれ、職員たちが夕方から施設内の大型の望遠鏡のほか、屋外にも2台の天体望遠鏡を設置し、角度を調整するなど準備を進めていました。
月がかけ始めるおよそ1時間前の午後5時ごろになると、近くに住む小学生などが訪れ、わくわくした様子でその瞬間を待ち望んでいました。
母親と訪れた小学1年生の男の子は「月が赤くなるところが楽しみです」と話していました。
また、ふだんから天体に関心があるという40代の女性は「天王星食が珍しいと聞いて来ました。宇宙や星はロマンがあって惹かれます」と話していました。

8日夜は天気がよければ各地で皆既月食が見られますが、月にちなんだ「満月もんじゃ」と「月食もんじゃ」と呼ばれる2つの看板メニューがある東京・浅草のもんじゃ焼き店は客でにぎわっています。
もんじゃ焼きの店、「浅草もんじゃ満月」には、「満月もんじゃ」と「月食もんじゃ」と呼ばれる2つの看板メニューがあります。
丸いカマンベールチーズをのせた「満月もんじゃ」に対して、「月食もんじゃ」はイカスミを入れて黒くしているのが特徴で、店によりますとどちらも特に女性から人気があるということです。
8日は皆既月食とともに、天王星食も同時に見られる日本では442年ぶりの天体ショーとあって、昼から「月食もんじゃ」を注文する客が次々と店を訪れていました。
友人2人と訪れた高校1年の女子生徒は「頻繁に見られるものではないので今夜が楽しみです。『月食もんじゃ』もいい記念になります」と話していました。
また、店のオーナーの畑井泉さんは「『月食もんじゃ』はイカスミのコクが出ていて、喜んでもらっています。きょうは皆既月食なので、皆さんに食べてもらえるとうれしいです」と話していました。