専門家“第8波の入り口に 規模はワクチン接種率などに左右”

新型コロナウイルスの感染者数が再び増加に転じる傾向が見られるようになっています。
これについて、専門家は「東京など関東地方は、第8波の入り口にさしかかっている。第8波の規模は、今後のワクチンの接種率や感染対策の状況によって左右される」と話しています。

国際医療福祉大学の松本哲哉主任教授は、今の新型コロナの感染状況について、「北海道や東北地方など寒い地域では感染者数の増加傾向が顕著で、第8波に入りかけている。東京など関東地方でも感染者数が増加に転じていて、第8波の入り口にさしかかっている」と指摘しています。
また、海外で、オミクロン株の一種でさらに変異が加わった新たな変異ウイルスが感染者が増加し、国内でも複数例、確認されていることについて、「水際対策の緩和で人の往来が活発になり、これまで以上のスピードで新たな変異ウイルスの感染が国内で広がるおそれがある。これまで主流だった『BA.5』に代わって、新たな流行の主体になる可能性は十分ある」としています。
そのうえで、「新たな変異ウイルスもオミクロン株の一種なので、オミクロン株対応のワクチンが一定程度の有効性が期待できる。今後の感染状況は、どれだけ多くの人がワクチンを打つか、感染対策を徹底できるかに左右されることになり、いずれも低調だと、第7波と同じ規模の感染者数が出てもおかしくない」と指摘してます。