小型遊覧船対象にドライブレコーダー設置義務づけへ 国交省

小型遊覧船対象にドライブレコーダー設置義務づけへ 国交省

北海道の知床半島沖の観光船の沈没事故を受けて、国土交通省は小型の遊覧船などを対象にドライブレコーダーの設置を義務づける方針を固めました。

これは沈没事故の被害者家族からの意見を受けて検討が進められていたもので、先月28日に開かれた国の委員会で了承されました。
現在、小型旅客船にドライブレコーダーなどのカメラの設置は義務づけられていませんが、任意で取り付けている事業者がいることも踏まえ、今後、小型の遊覧船などを対象に自動車用のドライブレコーダーなどを設置したうえで、教育訓練に活用することを義務づけ、事故が起きた際の状況把握にも役立てるということです。
ただ、ドライブレコーダーの防水性能のほか、屋根のない観光船に取り付けるのが難しいといった課題もあるため、どの船舶を対象にするかなど、詳細を検討したうえで、ガイドラインを整備することにしています。
また、乗客が船に乗り込んだあと、速やかに救命胴衣の保管場所や適切な着用方法を周知することについても対策を進めるということです。