高校生が造った赤ワインが山梨 甲斐市のふるさと納税返礼品に

山梨県で農業を学ぶ高校生が造った赤ワインが、1日から甲斐市のふるさと納税の返礼品に採用されるほか、オンラインで販売されることになりました。

山梨県甲斐市にある県立農林高校の生徒たちが造ったのは、フランス語で17歳を意味する「ディセタン」というブランドのワインのうち、「プティ・ヴェルド」という品種のブドウ100%で造った珍しい赤ワインです。
29日高校でお披露目され、1日から甲斐市のふるさと納税の返礼品に採用されるほか、オンラインでも販売されます。
限定200本で、ラベルのQRコードを読み取ると農林高校や甲斐市の紹介のほか、ワインに合う料理についての情報を見ることができます。
食品科学科3年生の中込明日香さんは、「私たち高校生が造った珍しいものなので、ワインを通じて高校や甲斐市を知ってもらいたいです」と話していました。
技術指導をした岩崎醸造の白石壮真社長は、「高校生と珍しい品種でワイン造りに挑戦しました。高校や市の情報を見ながらワインを楽しんでほしい」と話していました。