東京都 ミサイル攻撃一時的避難先1400万人分確保の見通し

29日夜、北朝鮮から弾道ミサイルが発射されるなか、東京都は、ミサイル攻撃などを受けた際の都の人口1400万人分の一時的な避難先を確保できる見通しになったことがわかりました。

北朝鮮によるミサイルの発射は29日夜の弾道ミサイルもあわせてことしに入って21回と、異例の高い頻度で繰り返されています。
国はミサイル攻撃などから住民を守るため、都道府県に対し、1人あたり0.825平方メートルを基準にコンクリートの建物や地下街などの頑丈な施設を「緊急一時避難施設」として指定するよう求めています。
都はこの基準に基づいて都内の区市町村と調整を進めた結果、3700あまりの公共施設を指定することを決め、都の人口1400万人分の一時的な避難先を確保できる見通しになったことが関係者への取材でわかりました。
地域によっては人口の割に施設が少ないなどの課題もあるということで、都は、今後、民間のビルや地下施設を避難施設として指定できるよう事業者と調整を進めることにしています。