AIで生成の“偽画像”SNS上で拡散 専門家“注意が必要”

台風15号による豪雨をめぐり、ドローンで撮影した静岡県内の災害の様子だとする画像がSNS上で拡散しましたが、NHKの取材に対し投稿者は「AIが画像を生成するサービスを使った」などとして偽の画像であることを認めました。
専門家は、AIが生成する画像は、人間が見分けるのが難しいほど精度が急速に高まっていて、情報源を確認するなど注意が必要だと指摘しています。

台風15号による豪雨の影響で、静岡県で浸水などの被害が出るなか、今月26日、ツイッターにドローンで撮影した静岡県内の災害の様子だとする画像が投稿されました。
画像では住宅地が広い範囲で浸水しているような様子が見え広く拡散されましたが、信頼性についての指摘が相次ぎ、NHKの取材に対し投稿者は「AIが画像を生成するサービスを使った」などとして偽の画像だということを認めました。
この画像について、情報セキュリティーを専門とする東京・千代田区の国立情報学研究所の越前功教授に分析してもらいました。
それによりますと、投稿者が使ったとされるサービスは入力した文章に沿った画像をAIが生成するもので、注意深く見れば不自然な箇所は見つかるものの画質が悪いと判別がしづらく、手軽に巧妙な偽の画像を作り出せてしまうということです。
今回の投稿画像では、注意深くみると川の流れが急になくなるなど不自然なところがあるものの、木や川などは、本物と見分けるのは難しいということです。
それに比べると、建物は輪郭がゆがんでいるなど不自然な形をしていて、本物と見分けがつきやすいとしています。
こうした映像の詳しい確認以外に画像が本物かどうか判断する方法として、越前教授は情報源を確かめることが大切だとしています。
そのためには、似ている画像がないかインターネット上の検索サイトでキーワードを入力して、元となった画像を探したり、投稿へのコメントなどを見て、疑わしい点がないか確認したりしてほしいとしています。
災害時のSNSを巡っては、6年前の熊本地震の際に「動物園からライオンが逃げ出した」などとうその内容をツイッターに投稿して動物園の業務を妨害したとして偽計業務妨害の疑いで逮捕者もでています。
また、災害時の被災地の画像が誤っている場合、被災者が避難の判断を間違えてしまったり、確認のため防災機関に負担がかかったりします。
越前教授は「AIに学習させ画像を生成させる分野は急速に進歩し画像の精度も高まっていて、本物かどうか見分けるのが難しくなっている。SNSなどの画像はすぐに共有せず情報源を確認してみて、確認できない場合は、AIで生成した画像かどうか疑う必要があると思う。AIを使うと、実際の災害のような画像さえも作り出せることを認識したうえで、インターネット上の情報に接してほしい」と注意を呼びかけていました。