一般向け献花台に多くの人が訪れる 午後4時以降も受け付けへ

一般向け献花台に多くの人が訪れる 午後4時以降も受け付けへ

安倍元総理大臣の「国葬」の会場、東京・千代田区の日本武道館にほど近い九段坂公園には一般向けの献花台が設けられています。
多くの人が訪れていることから、当初の終了予定時刻の午後4時以降も受け付けが続けられることになりました。

安倍元総理大臣の「国葬」の会場となった東京・千代田区の日本武道館にほど近い九段坂公園には、一般向けの献花台が2台設けられました。
午前9時半ごろの献花の開始とともに、訪れた人たちは献花台の前に列を作り、自分の番がくると、安倍氏の遺影の前に花を手向け、静かに手を合わせていました。
献花は、当初は、午前10時から午後4時の予定でしたが、多くの人が訪れていることから、開始が30分ほど前倒しされたのに続いて、終了時刻も延長し、午後4時以降も受け付けが続けられることになりました。
愛知県から訪れた60代の女性は「難病を抱えながら激務を続け、国防や経済を支えてもらい『今までありがとうございました』とお礼を言ってきました。なぜ事件で亡くならなければならなかったのか、残念で仕方がないです」と話していました。
また東京都内の50代の男性は「これまで日本を引っ張ってきてくれた方なので、本当に感謝の気持ちで、手を合わせました。外交を随分やられて、日本の国益と地位を高めた方だと思っています」と話していました。
安倍元総理大臣の「国葬」が行われる東京・千代田区の日本武道館近くに設けられた一般向けの献花台には、弔問に訪れた人で沿道に長い列ができています。
午後2時半の時点で、列の最後尾は献花台からおよそ3キロ離れた東京・新宿区の四ツ谷駅の近くまで続いていました。
弔問に訪れた人たちは、歩道の脇を花束などを持ちながら並び、現場の係員から献花台まで何時間かかるかわからないなどと説明を受けていました。

内閣府のツイッターの公式アカウントによりますと、午後2時現在、少なく見積もっても献花まで3時間以上かかる見込みで、午後5時以降は列に並ぶことはできないということです。
都内から訪れた50代の女性は「最初は献花台の近くに行きましたが、最後尾は四ツ谷だと聞いて電車で移動してきました。3時間待ちと言われましたが、まさかここまで並んでいるとは思いませんでした」と話していました。
また、50代の男性は「暑いので倒れないように気をつけながら並びたいと思います。ここから献花台まで歩くのは大変ですが、安倍元総理大臣への感謝の気持ちを伝えたいです」と話していました。