千葉 松戸市「グリーンスローモビリティ」運行へ 車両を公開

駅から遠く交通が不便な地域で高齢者などの移動手段を確保しようと、千葉県松戸市は、「グリーンスローモビリティ」と呼ばれる低速で走る電気自動車を運行することになり26日、車両が公開されました。

「グリーンスローモビリティ」は時速20キロ未満で走る小型の電気自動車で、松戸市では、高齢者が増え、駅からも遠い2つの地区で来月末から運行されることになっています。
26日は市の関係者らが参加して車両が披露されました。
導入されるのは8人乗りと10人乗りの2台で、安全性を高めるために他の車両や歩行者に接近する際音で知らせる機能などが備わっています。
買い物や地域のイベントなどどのような目的で運行するかやルートや時間などは地域の自治会が主体となって決める仕組みで、運転免許を持っている住民が講習を受けた上でボランティアとして運転を担うことになっていて、無料で利用できます。
市によりますと、今回のように地域が主体となってグリーンスローモビリティを運行するケースは全国でも珍しいということです。
松戸市の本郷谷健次市長は「高齢者の足を確保し、それぞれの地域のニーズにあった活用をしていけるようにしたい」と話していました。