自民党山梨県連に焦げたもの 放火未遂容疑で捜査 甲府

26日朝早く、甲府市にある自民党山梨県連のビルのトイレで、焦げたものが見つかりました。
火は消えていてけが人はいませんでしたが、警察は、何者かが火のついたものを窓から投げ入れたとみて捜査しています。

26日朝5時ごろ、甲府市丸の内の自民党山梨県支部連合会の入る「自民党県連会館」で、異常が起きたことを知らせる装置が作動し、警備会社から連絡を受けた警察が調べたところ建物1階の北側にある男性用トイレの個室の床から焦げたものが見つかりました。
個室は全体がすすけた状態になっていたということですが、発見時、火は消えていて、けが人もいませんでした。
捜査関係者によりますとトイレの窓は施錠されておらず開いていたということです。
また、トイレの窓は民家との間にあり、敷地内ではあるものの、近づくことができるということです。
現場の状況などから、警察は何者かが窓から火のついたものを投げ入れたとみて、放火未遂の疑いで付近の防犯カメラの映像を確認するなど、捜査を進めています。
自民党山梨県支部連合会によりますと、この建物では27日に行われる安倍元総理大臣の国葬にあわせ、記帳所が設置されることになっていて、これまでのところ予定に変更はないということです。

自民党山梨県支部連合会によりますと、これまでに犯行をほのめかすような声明などは届いていないということです。
望月忠彦事務局長は「このようなことが起きて大変驚いている。警察に全面的に協力して経緯などを調べてもらっている」と話していました。