オミクロン株対応ワクチン 高齢者クラブを通し接種呼びかけ

新型コロナウイルスのオミクロン株に対応したワクチンの接種を進めようと東京・品川区は地域の高齢者クラブを通した接種の呼びかけに力を入れています。

オミクロン株に対応したワクチンの接種は20日から一部の自治体で始まりました。
東京・品川区は60歳以上で4回目を済ませていない人などから今月29日に接種を始めることにしていて、接種を呼びかけるため区の職員が地域の高齢者クラブの代表が集まる会合に出向きました。
そして、すでに手元に届いた接種券で接種が可能で、今月26日から予約が始まることを説明していました。
品川区では広報紙やポスター掲示のほか区内の高齢者クラブを通じた口コミで、まだ4回目接種を済ませていない高齢者に情報を届けたいとしています。
品川区の新型コロナ予防接種担当課長、豊嶋俊介さんは「区のホームページやSNSで発信していますが、期間が短いため広く知っていただこうと口コミやポスター掲示に力を入れることにしました。ワクチンについては日々情報が更新されるので広報活動も工夫したい」と話していました。