小学生が水素自動車について学ぶ授業 甲府

脱炭素社会の実現に向けて注目されている水素で走る自動車について学ぶ授業が、甲府市の小学校で行われました。

授業は、トヨタ自動車などが甲府市の山梨大学教育学部附属小学校で開き、5年生の児童およそ100人が参加しました。
水素を作る実験では、重曹を溶かした水に電極となる鉛筆を2本入れ、手回し発電機をつなぐと水が水素と酸素に分解されることを学びました。
校庭では、水素を燃焼させて動力にする「水素エンジン」を載せたスポーツカーや世界で一台しかないレーシングカーなどが披露されました。
プロレーサーの佐々木雅弘選手が運転するスポーツカーが児童を乗せて走り出すと、大きな歓声が上がっていました。
試乗した児童は「車は音も大きくて、思ったより速かったのでとても楽しかったです」と話していました。
佐々木選手は「私たちは二酸化炭素を出さずに水素を使ってレースを走ることで、カーボンニュートラルの実現に取り組んでいる。子どもたちには車に乗って楽しんでもらいながら水素について学んでほしい」と話していました。