インドで山梨県や長野県産などのフルーツPRの催し

経済発展が続くインドで日本産のりんごや桃などのフルーツを売り込もうという催しが首都ニューデリーで開かれ、インドの人たちがその味覚を楽しみました。

この催しは、JETRO=日本貿易振興機構のニューデリー事務所が企画したもので、30日は、ニューデリー市内にあるレストランで試食会が開かれました。
用意されたのは、青森県産のりんごと山梨県や長野県産などの桃、そして、それらを使ったデザートで、地元のバイヤーなどの関係者がその味覚を楽しんでいました。
ニューデリー市内にあるレストランでシェフをつとめる男性は「インドのりんごに比べてとても甘いです」と話していました。
農林水産省によりますと、日本からインドへのりんごの輸出は、日本での病害虫の侵入を警戒して禁止されていましたが、ことしの収穫シーズン以降、検査や消毒などを行うことを条件に解禁になるということです。
JETROとしては、りんごをはじめとしたフルーツをインドという巨大市場に売り込むため、販路の開拓を進めたいとしています。
JETROニューデリー事務所の鈴木隆史所長は、「りんごは、アメリカや中国などからインドに輸入されていますが、日本産のものはまだ入っていません。日本のフルーツの品質を喜んでくれるインドの人たちに食べてほしいです」と話していました。