東京 葛飾区 江東区 高齢女性相次ぎ死亡 無理心中か

家庭内で何があったのでしょうか。
29日午前、東京・葛飾区の住宅で90代の母親が死亡、50代の息子が意識不明の重体となっているのが見つかり、警視庁は、現場の状況から無理心中を図った可能性もあるとみて調べています。
一方、江東区の集合住宅では、70代の女性が死亡しているのが見つかり、直前に女性の夫が自殺を図り死亡していることから警視庁が詳しい状況を調べています。

29日午前10時すぎ、葛飾区鎌倉の住宅で、この部屋に住む女性が倒れていると診療に訪れた医師から通報がありました。
警視庁によりますと、部屋には92歳の母親と59歳の息子が倒れていて、母親は死亡が確認され首には絞められたような痕があったほか、息子は袋をかぶった状態で見つかり、意識不明の重体だということです。
警視庁は、現場の状況から無理心中を図った可能性もあるとみて調べています。
一方、29日午前9時前には、江東区南砂の集合住宅で、「母親が倒れている」と息子から通報があり、警察官が駆けつけたところ、この部屋に住む73歳の女性が死亡しているのが確認されました。
直前には70代の夫が集合住宅の屋上から飛び降り自殺を図り死亡していて、警視庁が女性の死亡と夫の自殺との関連を調べています。

近くで理容室を営んでいる80代の女性は「お父さんが亡くなってから、息子が“私が面倒を見る”と長年献身的に介護をしていた。母親が髪を切りに来るときはいつも息子に肩を支えられていて、お互いの悪口を聞いたことがない本当に仲のいい親子だった。こんなことになってしまって残念だ」と話していました。

集合住宅の同じ階に住む男性は「家族は両親と息子の3人で、この住宅ができた40年以上前から住んでいる。両親は高齢だが、介護が必要な様子もなく、息子も出かけていくのをたまに見る。会えばあいさつを交わす程度だが、最近も変わった様子はなかった」と話していました。
同じ階の別の部屋に住む女性は「先週末に買い物に出かける夫婦に会ってあいさつをしましたが、変わった様子は特になかった。トラブルなどもないようなところなので驚きました」と話していました。

厚生労働省が示している、主な相談窓口です。
<電話の相談窓口>
「いのちの電話」ナビダイヤル0570−783−556午前10時〜午後10時フリーダイヤル0120−783−556午後4時〜午後9時※毎月10日は午前8時〜翌日午前8時
「よりそいホットライン」フリーダイヤル0120−279ー338フリーダイヤル0120ー279ー226※24時間対応