中学校の部活動 杉並区でモデル事業 平日も外部支援員が指導

休日の中学校の部活動を地域のスポーツクラブなどに移行する方針が示される中、東京・杉並区は、教員の働き方改革を進めるため休日だけでなく平日も外部の支援員が部活動を指導するモデル事業を始めています。

部活動と教員の働き方改革を両立させるため、国は来年度から休日の中学校の部活動を地域のスポーツクラブなどに段階的に移行していく方針を示しています。
これを前に、杉並区は今年度から区立の小中一貫校「高円寺学園」で移行に向けたモデル事業を始めています。
区の委託を受けた事業者から専門的な技術や知識のある支援員が、野球、サッカー、バドミントン、バスケットボール、ソフトテニス、それぞれの運動部に派遣され、教員の働き方改革をよりいっそう進めるため、休日だけでなく平日も指導にあたっています。
区はモデル事業を通じて来年度からの本格的な移行に向けた課題を検証することにしています。
杉並区教育委員会の宮崎敬司学校支援課長は「生徒からは上達が早くなるという声、学校からは教員の負担軽減につながるという声を聞いている。効果や課題を検証し、今後の取り組みに反映していきたい」と話しています。