東京都 新型コロナ25人死亡 2万9416人感染(17日)

東京都内の17日の感染確認は2万9416人で、1週間前の水曜日より4800人余り減りました。
一方、都は、感染が確認された25人が死亡したことを発表しました。

東京都は17日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の2万9416人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の水曜日より4827人減りました。
年代別に見ると40代が最も多く、全体の18.4%にあたる5408人でした。
また、次に多かったのは20代で、全体の18.2%にあたる5362人でした。
65歳以上の高齢者は3057人で全体の10.4%でした。
また、17日までの7日間平均は2万4889人で、前の週の82.3%となりました。
人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、16日から1人減って35人でした。
一方、都は、感染が確認された40代から50代と、70代から100歳以上の男女あわせて25人が死亡したことを発表しました。
また、確認された感染者のうち、千葉県内の陽性者登録センターを通じて申請があったのは2199人で、都外から持ちこまれた検体を都内の医療機関で検査したのは583人でした。