新型コロナ 感染者の全数把握 見直し検討へ 厚生労働省

新型コロナ 感染者の全数把握 見直し検討へ 厚生労働省

新型コロナの感染者の全数把握について厚生労働省は、医療機関などの負担を軽減するため、見直しの検討を始めることになり今後、医療現場や自治体などの意見も聞きながら国に報告を求める患者の対象の扱いなどの調整を進める方針です。

新型コロナの感染者の全数把握をめぐって、全国知事会は16日感染の第7波で深刻な医療ひっ迫が続く中、現場の負担が大きすぎるとしてただちに見直すよう求め、加藤厚生労働大臣は見直しの検討を始める考えを伝えました。
専門家などの間では、具体的な見直しの方法として国に報告を求める患者を重症化リスクなどによって限定したり、季節性インフルエンザと同様に定点となる医療機関を指定して定期的に報告を求めたりする方法などが挙がっています。
一方で、見直しを行った場合に適切な感染防止対策を取るために、都道府県別の感染傾向などを十分に把握できる仕組みがつくれるかどうかが課題となっています。
また、見直しに伴って、すべての患者に求めている外出自粛の要請のほか、検査や治療の費用を全額公費で負担していることについても検討が必要だといった指摘も出ています。
このため、厚生労働省は、今後、日本医師会や全国知事会などの意見も聞きながら、調整を進める方針です。