神奈川県“コロナ感染女性入院できず自宅で死亡”の発表を訂正

神奈川県は15日、新型コロナに感染した90代の女性について、救急搬送中に受け入れ先が見つからず自宅で死亡したと発表しましたが、実際は病院で医師の診察を受けたうえで入院の必要がないとして、自宅に戻されていたと訂正しました。

県は15日、鎌倉市の90代の女性について、今月8日に新型コロナへの感染が確認され、かかりつけ医が救急搬送を要請したものの、受け入れ先の病院が見つからなかったため自宅に戻され、翌日、死亡したと発表しました。
これについて、黒岩知事は16日の定例会見で、内容に誤りがあったとして訂正し、女性は実際には病院に搬送され、医師の診察を受けたうえで、入院の必要がないと判断され、自宅に戻っていたことを明らかにしました。
県によりますと女性は血液中の酸素の値に問題がなく、病院の医師はかかりつけ医とも相談のうえ、軽症で入院の必要がないと判断したということです。
知事は「現場が混乱しているなかで、情報が精査されていなかった。発表が間違っていたことについてはお詫び申し上げたい」としています。