栃木県で危険な暑さ 関東各地で猛暑日に 熱中症に厳重警戒

栃木県で危険な暑さ 関東各地で猛暑日に 熱中症に厳重警戒

関東は内陸を中心に気温が上がり、栃木県では38度と命に関わる危険な暑さとなっているところがあります。
このほかの各地でも35度以上の猛暑日となっていて熱中症に厳重な警戒が必要です。

気象庁によりますと、関東甲信は16日も晴れ各地で気温が上がっています。
特に関東の内陸では山越えの暖かく乾いた空気が吹き降ろすフェーン現象の影響も加わって気温が上がり、栃木県佐野市では午後2時までの最高気温が38度ちょうどと体温を超えるような危険な暑さとなっています。
このほかの午後2時までの最高気温は、埼玉県鳩山町で37.9度、埼玉県熊谷市で37.6度、群馬県館林市で37.2度、東京都の都心で36.4度、水戸市で35.9度、神奈川県海老名市で35.6度などと、各地で35度以上の猛暑日となっています。
東京都と千葉県、埼玉県、群馬県、それに茨城県には「熱中症警戒アラート」が発表されています。
熱中症に厳重に警戒し、外出をなるべく避けて特別な場合以外は運動を行わないほか、我慢せずにエアコンを適切に使用するなどいっそうの対策をとるようにしてください。
【関東北部では大気不安定】
一方、関東北部では気温の上昇に伴って大気の状態が非常に不安定になっていて、局地的に雨雲が発達するおそれがあります。
気象庁は、急な激しい雨や落雷、竜巻などの突風のほか、「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。