台風8号 静岡県の伊豆半島に上陸

台風8号は午後5時半ごろ、静岡県の伊豆半島に上陸しました。
静岡県や関東甲信では非常に激しい雨が降っていて、13日夜遅くにかけて大雨のおそれがあります。
最新の情報を確認し、13日夜は安全な場所で過ごすようにしてください。

気象庁によりますと、台風8号は午後5時半ごろ静岡県の伊豆半島に上陸しました。
午後3時の観測では、中心の気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが、中心の東側390キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
この時間、静岡県や関東甲信には台風本体の発達した雨雲がかかっていて、午後5時までの1時間に伊豆諸島の神津島では63ミリの非常に激しい雨を観測しました。
静岡県では台風の接近前から雨が降り続いていて、午後5時までの24時間の雨量は、静岡市で233ミリ、静岡県富士宮市で193.5ミリなどとなっています。
これまでの雨で静岡県や伊豆諸島の神津島村では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
台風はこのあとも北東へ進む見込みです。
台風の本体や周辺からの暖かく湿った空気の影響で、東日本の太平洋側を中心にこれから雨や風が強まり、13日夜遅くにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降って大雨となるおそれがあります。
特に静岡県など東海では13日夜にかけて発達した雨雲が次々に連なる線状降水帯が発生して災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。
14日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、静岡県と関東甲信で150ミリ、東北で100ミリ、静岡県を除く東海で60ミリと予想されています。
また、海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、今夜予想される最大風速は東海や関東、伊豆諸島、それに東北で20メートル、最大瞬間風速は30メートル、14日は最大風速が東北で20メートル、関東で18メートル、伊豆諸島で15メートル、最大瞬間風速は東北と関東で30メートル、伊豆諸島で25メートルと予想されています。
東日本と東北の太平洋側の海上では、14日にかけてうねりを伴って大しけやしけとなる見込みです。
気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や川の急な増水、それに暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。
落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意が必要です。
関東など台風が接近する地域ではこのあと急に雨や風が強まる見込みです。
今夜は安全な場所で過ごすようにしてください。