日本人の人口13年連続減 東京も平成8年以来の減少に転じる

ことし1月1日現在の日本人の人口は1億2322万人余りで、去年からおよそ62万人減り13年連続で減少しました。
新型コロナの影響で都市部への流入が減ったことなどから、東京は26年前の平成8年以来の減少に転じました。

ことし1月1日現在の住民基本台帳をもとに総務省がまとめた国内に住む日本人の人口は1億2322万3561人でした。
これは、去年の同じ時期より61万9140人少なく13年連続の減少となりました。
去年1年間に生まれた人は81万2036人と調査開始以来過去最少となったのに対し、亡くなった人は144万1739人と最も多くなりました。
この結果、亡くなった人が生まれた人を上回る「自然減」の数は62万9703人と14年連続で拡大しました。
都道府県ごとに見ますと、東京が最も多く1327万7052人、次いで、神奈川、大阪などとなっていて、最も少ないのが鳥取の54万7318人でした。
東京、神奈川、埼玉、千葉の4都県は、去年まで増加傾向が続いていましたが、今回減少に転じ、東京は26年前の平成8年以来の減少となりました。
人口が増えたのは沖縄県だけで、去年よりも1478人、率にして0.1%の増加となりました。
総務省は「コロナ禍で都市部への流入が減り、人口が減少に転じたとみられるが、一極集中が是正されたとまでは言えず、引き続き人口移動などの動きを注視したい」としています。

今回の調査で、人口の増加数が全国1位となったさいたま市。
去年1年間で、およそ7600人増えました。
これについてさいたま市は、交通の便が良いことや都内と比べ住宅の値段が安いことに加え、新型コロナの影響で、リモートワークが進んだことから都内などから移り住む人たちが増えた可能性があるとしています。
なかでも、人口が増えている緑区では、埼玉高速鉄道の浦和美園駅を中心に開発が進んで新築の一戸建てが増えています。
緑区の不動産業者によりますと、リモートワークをする部屋を確保するため、戸建てを希望する人が増えたということです。
緑区に住む40代の女性は「交通の便が良く、都内までおよそ1時間で通えます。買い物をする場所も自転車で通える範囲内にいくつかあるので便利です」と話していました。
また、30代の女性は「保育園も新しくできているので入れやすいです。近所にはリモートワークになったので引っ越してきたという人もいました」と話していました。

今回の調査で、人口増加率が全国1位となった千葉県流山市ではここ15年でおよそ5万人人口が増えています。
流山市には「つくばエクスプレス」が通っていて、東京・秋葉原から最短でおよそ25分と東京へのアクセスが良く利便性が高くなっています。
また、市では子育て支援にも力を入れています。
そのひとつが、保護者の代わりに保育園に子どもを送迎する「送迎保育ステーション」です。
これは、つくばエクスプレスが通る「流山おおたかの森駅」と「南流山駅」の隣接地に設置され通勤前の保護者から預かった子どもをバスで市内の保育園に送迎し、夕方、再びステーションに送り届ける仕組みで、保護者は駅の近くで子どもを迎えることができます。
こうした結果、全人口に占める30代と40代の割合が3割と、高齢世代よりも多くなっているということです。
流山市の井崎義治市長は「働く世代の子育てに力を入れています。保育送迎ステーションがあったから引っ越したという声も聞いています。これからも末永く住んでもらえる環境づくりに引き続き取り組んでいきたい」と話しています。