埼玉県 JR大宮駅前に新型コロナの臨時無料検査場を開設

帰省や旅行での移動が増えるお盆の期間を前に、埼玉県が新型コロナウイルスの抗原検査を無料で受けられる臨時の検査場をJR大宮駅前に開き、多くの人が訪れています。

この検査場は、旅行や帰省、イベントなどに安心して出かけてもらおうと、JR大宮駅西口の交番前に5日から設けられました。
3回目のワクチン接種が済んでいない人や、旅行やイベントに参加したり高齢者に会ったりするために陰性の結果が必要な人が利用できます。
朝から多くの人が訪れて抗原検査を受けたあと、15分から20分ほどで結果を受け取り、陰性だった人たちは安心した様子でした。
川口市の40代の男性は「父親の介護のため奈良に帰省するのですが、関東では感染が拡大しているので陰性で安心しました」と話していました。
また、新座市の女性は「あさって娘と孫のいる新潟県に行く予定で、必ず陰性を確認してから来るように言われていました」と話していました。
埼玉県感染症対策課の石塚美智子主幹は「久しぶりの遠出を予定している人も多いと思うが安心して出かけてもらいたい。手洗いやマスクなどの基本的な感染症対策も忘れないでほしい」と話していました。
この検査場は、JR大宮駅西口交番前に今月18日まで設けられ、午前10時から午後6時まで事前予約なしで利用できます。