関東甲信 危険な暑さのところも 熱中症に厳重警戒を

関東甲信は2日も各地で猛暑日となり、埼玉県では39度を超えるなど危険な暑さとなっています。
熱中症に厳重に警戒してください。
また、日中の高温の影響で大気の状態が非常に不安定になる見込みで、急な雷雨による土砂災害や低い土地の浸水などにも十分注意が必要です。
【39度超えも危険な暑さ】
関東甲信は今日も晴れて強い日ざしが照りつけて各地で猛烈日となり、38度を超える危険な暑さとなっているところもあります。
午後2時半までの最高気温は埼玉県越谷市で39.5度、甲府市で38.8度、栃木県佐野市で38.7度、東京 八王子市で38.5度、群馬県館林市で38.4度、長野県飯田市南信濃で38.1度、千葉県市原市の牛久、茨城県の筑西市西石田で38度ちょうど、横浜市で35.6度となっています。
東京の都心では35.9度と3日連続で猛暑日となりました。
夜にかけても気温が高く、30度以上の状態が続くほか、3日朝にかけては気温が25度を下回らない熱帯夜が予想されています。
熱中症に厳重に警戒してください。
日中は外出をなるべく避け、特別の場合以外は運動を行わないほか、我慢せず冷房を適切に使用する、こまめに水分を補給する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外して休憩するなど、対策を徹底するようにしてください。
【大気不安定非常に激しい雨のおそれ】
この気温の上昇と湿った空気の影響で、関東甲信では2日も大気の状態が非常に不安定になる見込みです。
各地で激しい雷雨となり、特に関東北部では局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
晴れていても天気が急に変わるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水のほか、落雷や竜巻などの激しい突風、「ひょう」に十分注意が必要です。
急に冷たい風が吹いたり、あたりが暗くなったりするなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて窓から離れるなど安全を確保してください。