東京都 新型コロナ3人死亡 2万1958人感染(8月1日)

東京都内の1日の感染確認は2万1958人で、1週間前の月曜日より429人減りました。
前の週の同じ曜日を下回るのは先月19日以来です。

東京都は1日、都内で新たに10歳未満から100歳以上の2万1958人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の月曜日より429人減っていて、前の週の同じ曜日を下回るのは先月19日以来です。
1日までの7日間平均は3万2116.3人で、前の週の123.9%でした。
前の週の同じ曜日を下回ったことについて、都の担当者は「下回ったといっても減った数は多くない。きょうまでの7日間平均でみても前の週より増加しているので、もうしばらく様子を見る必要がある。いずれにしても感染者数は高いレベルで報告されているので引き続き感染予防をお願いしたい」と話していました。
1日、確認された2万1958人を年代別にみると、20代が最も多く、全体の18.9%にあたる4160人でした。
次に多いのは40代で全体の17.4%にあたる3828人でした。
65歳以上の高齢者は1991人で全体の9.1%でした。
また、人工呼吸器かECMO=人工心肺装置を使っている重症の患者は、先月31日より6人増えて29人でした。
一方、都は、感染が確認された80代から90代の男性あわせて3人が死亡したことを発表しました。