夏休みのレジャー支出 6万8000円余 感染拡大前の水準に

ことしの夏休みにレジャーなどで使うお金は、旅行に出かける人が増えることなどから1世帯あたり6万8000円余りとなり、新型コロナの感染拡大前の水準に回復するという調査結果がまとまりました。

明治安田生命は、ことし6月下旬に全国の20代から50代を対象にインターネットで調査を行い、1100人余りから回答を得ました。
それによりますとことしの夏休みにレジャーなどにいくら使うか尋ねたところ、1世帯あたりの平均は6万8632円となりました。
これは過去最低となった去年よりもおよそ1万5000円増えていて、感染拡大前の2019年と同じ水準に回復しました。
また、夏休みに使う金額を「増やす予定」と答えた人は24.9%にのぼり、旅行やレジャーに出かけるため、支出を増やすという人が多くなっています。
一方、「減らす予定」と答えた人は14.4%で、このうち半数以上の人が物価の高騰で家計が厳しくなったことを理由にあげています。
明治安田総合研究所の小玉祐一フェローチーフエコノミストは「いまの消費の回復はコロナ禍の反動によるいわゆるリベンジ消費で、夏を過ぎると徐々に落ち着くだろう。一方、物価高騰はしばらく続き、感染の再拡大もみられるので消費の回復に水を差すおそれがある」と話しています。