関東甲信 埼玉や山梨で猛烈な雨 土砂災害などに厳重警戒

関東甲信では大気の状態が非常に不安定になり局地的に雨雲が発達して埼玉県で1時間に80ミリを超える猛烈な雨を観測したほか、山梨県では1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられます。
気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表して土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに厳重に警戒し、安全を確保するよう呼びかけています。

気象庁によりますと南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、関東甲信では大気の状態が非常に不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。
山梨県の甲州市山地中部付近ではレーダーによる解析で午後6時までの1時間におよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。
また、午後6時までの1時間には国土交通省が埼玉県小鹿野町に設置した雨量計で84ミリの猛烈な雨を観測しました。
これまでに降った雨で、山梨県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
関東甲信ではこれから28日夜遅くにかけてと、29日も午後を中心に雷を伴った激しい雨が降り、特に関東北部と甲信では1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に厳重に警戒するとともに落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」にも十分注意が必要です。
急に冷たい風が吹いたり、あたりが暗くなったりするなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。
また、雨が激しく降って見通しが悪いときにはアンダーパスやほかより低くなっている場所などの冠水がわかりにくくなるため、運転は避けることが重要です。
また、28日は関東南部を中心におおむね晴れて気温が上がりました。
日中の最高気温は栃木県佐野市で35.2度、千葉県佐倉市で35.1度、群馬県桐生市と埼玉県鳩山町で35度ちょうどと猛暑日となったほか、東京の都心でも32.9度と厳しい暑さとなりました。
関東甲信では来月4日ごろにかけて高気圧に覆われて晴れるうえ、南から暖かい空気が流れ込むため、35度以上の猛烈な暑さが続く見込みです。
気象庁は「高温に関する気象情報」を発表し、熱中症など健康管理に注意するよう呼びかけています。